El Mayaムスタングレストア

ムスタングEl Mayaムスタングのレストアが完成しました。
販売価格は¥90,000(おそらく新品時の付属品と思われるソフトケース付属)

マグナムロックペグにローラーリテイナー、LSRのベアリングナットにローラーサドルブリッジを搭載し、更にダイナミックビブラート用強化スプリングも仕込んであります。
これでアームダウンに関してはほぼちゃんと調整されたシンクロと同程度にチューニングの狂いを排除しました。勿論ダイナミックビブラートの構造上の欠点からアームアップをしたら狂います。これは物理的にどうしようもないですね。
ピックアップはBill LawrenceのL250を搭載しています。

今回、実はネックを再利用するか悩んだのです。
と言いますのも、弦を外した状態で若干逆そりが強かったんですね。しかし、よく計測すると逆反りのほとんどは12F以降で発生していたため、0F(ナット)から12F付近までを指板修正で真っ直ぐにし、12F以降から少し弦から指板が遠退いていく形で纏めました。
ハイエンド系では15Fくらい以降の指板をわざと削り落とす形で腰折れやハイポジションでの音詰まりを排除する設定が用いられることがありますが、それを12Fから行われている形ですね。
ただ、そうなるとジョイント部で辻褄が合わなくなるので、高さが増したブリッジと合わせてかさ上げとジョイント角をつけることによって確実に対応してあります。
勿論ナットから12Fまででトラスロッドがちゃんと利いています。

完全に指板修正をかけるとラウンド貼り指板ですのでメイプルが見えてしまうんですね。
そして出来れば神戸発のブランドであるEl Mayaのロゴを残したかったので、ちゃんと機能する状態に持っていけて何よりでした。
ショートスケールということもあり、弦は0.011~以上のセット厳守です。それより細いとビブラートユニットの設定も狂い、ネックは逆反りを起こします。0.011より太いぶんには大丈夫です。
とは言っても、0.011~のセットで、ストラトやテレキャスターに.010~を張ったのと感覚的にはほぼ同じですので、ベンドにキツさも感じません。
また、ショートスケールで極端に小さいボディーマスだと、ネックどうこうの前に0.011以下のゲージだとどういう設定を持たせてもペラペラの前に出ない埋もれたサウンドになってしまいますから太いゲージは必須のギターです。

ムスタング
最初はこんな状態でした。だいぶボロボロです。

ムスタングペグがロトマチックなのが気に入りません。
ペグホールを埋めてクルーソンタイプのマグナムロックへ変更します。

ムスタング弦の錆がフレットに付いた弦傷にこびり付いています。ずっと放ったらかしだったことが窺がえます。

ムスタングビブラートユニットもコンパネも内部が錆びてメッキに皺がよっていますから新品に交換です。
ピックガードはボディーと同様に良い感じに焼けてますからそのまま使う方向です。

ムスタングバラしました。予想通り色々とファンキーです。
ただ、塗装が相当薄いなという印象でしたが、ラッカーですねこりゃ。

ムスタングこれを埋めると。
キャビティー内の塗装を除去するにも垂れた塗料も入り込んでいてなかなか大変な作業でした。

ムスタングとりあえず三段階で埋めます。
まずはピックアップキャビティー2箇所から。
あ、コントロールも埋めています。

ムスタングそしてスイッチキャビティーを埋める。
ボディーはなかなか良い感じのアルダーでした。埋め木もアルダーです。

ムスタングブリッジアンカーもオフセットしますから埋め木をしてあります。

そしてもう定番ですが、この後の画像は取り忘れです。
ピックアップキャビティーをシングルコイルサイズで開けなおし、スイッチキャビティーも開口し、コントロールはインディビデュアライズドで開けなおしています。
とにかく木部の少ないボディーですので、出来るだけ残せる木部を再生しました。
ネックポケットは前述のとおり、かさ上げと角度付けを行っています。

まあとにかくダイナミックに元気良く鳴るギターになりました。
とは言ってもショートスケールでボディーマスが極端に小さいことには変わりませんから、ストラト等と比較すればどうしてもレンジは狭くなってしまいます。
が、ムスタングではギリギリ限界のレンジの広さとダイナミクスを獲得しています。
傍らに置いておくとついつい手を伸ばして弾いてしまい、にんまりするようなギター。
限界は確かに早いですが、それでもアンサンブルに埋もれないムスタング!

また、お持ちのムスタングをこのようにレストアすることも可能です。

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。