フェンダージャパン ストラトのレストア

高校の時の一つ下の後輩(後輩って言いたくないなぁ・・・良き友人!)の紹介で、彼の同級生だったご友人から、娘さんに引き継がれるギターとしてレストアを依頼していただきました。

FJストラト

いつもビフォー画像を撮り忘れるので今回は!と言いつつ、弦を外したところで気づきました。ぎりぎりセーフ!
高校時代に初めて買ったギターということで90年代前半のフェンダージャパンです。
結構長いこと使われていたようですが、徐々にメインの座を奪われほとんど弾かない状態に。
娘さんがギターに興味を持たれたのであてがったところ気に入って使うようになり、受験や何やらでまたしばらく弾かれなくなり数年。
そしてまた弾きたいということで、ここはひとつきちんとメンテをして欲しいということでした。

良いですね!こうやって受け継がれていくのは素晴らしい!モノ作りをしている身としてはとても嬉しいですし、気合も入ります。
が、まあこれまでメンテらしいメンテを一切受けてこなかったギターですのでフレットは摩耗しすぎて要打ち替え。鉄パーツは錆びまみれ。
新しくギターを買おうかという提案を「気に入っているからこれを使いたい」と娘さんが仰っているということで、なるべくこのギターの持つ風格と言いますか(笑)、まあアンティークなルックスをなるべく損なわないように、そしておそらくバンドで色んなバンドのコピーなんかをするでしょうから、徹底したノイズ処理を施し少々歪ませてもへっちゃらなギターにしましょうということになりました。

フレット打ち換え前フレットはボコボコです。
このように弦の真下が過度に減っている場合、押弦が強すぎるということもありますが、弦の裏に堆積した皮脂汚れがフレットの摩耗を加速させていることが多いです。
使い終わったらキッチンペーパーを挟むと良いというアドバイスをさせていただきました。

フェンダージャパンストラトセンターのピックアップカバーがありません。これはジャンクボックスから色合いの似たカバーを探すことにしました。新品真っ白では似合わない!
ピックガードのビスは全部錆びていますが、潰れているものはありませんでしたので再利用します。

フェンダージャパンネックジョイントはい、一目瞭然えげつないジョイントです。この隙間には理由がありました。

フェンダージャパンネックポケットガッツリとシムが入っております。
因みにネックポケットとボディーはちゃんと平行が出ていました。じゃあなんで?
よくあるストラトコピーより、少しネックポケットが浅いんですね。私の推奨する深さの上限一杯程度。ですが、工場の組み込みではサドル高が何ミリというように規定を設けているので、それに合わせるためにシムが放り込まれるのです。
音のことなんて一切無視して帳尻合わせということですね。せっかくいい塩梅のネックポケットですのでとっとと除去します。

フェンダージャパンスプリングキャビティースプリングもスプリングハンガーもサビサビ。
これは娘さんの服を汚してしまったりということが考えられますし、弦アースを取り直すのでハンガーのサビはいただけない。ということでこれらは交換します。
とりあえずネックを外すところまでのざっくりとした見立てです。

フェンダージャパンナットスロット現状より背の高いフレットに打ち替えますのでナットも交換が必要。で、ナットを外しましたが接着剤が・・・1mm弱くらいですね。つまりナットの下にそれだけ隙間があったってことです。

フェンダージャパンナットスロット接着剤を除去し綺麗なナットスロットになりました。

フェンダージャパンシンクロとにかくどんどんバラします。
トレモロマウントビスが妙に細い。

フェンダージャパンシンクロビス一般的なサイズと比較。細すぎる!ので交換します。

フェンダージャパンシンクロトレモロを外してみると・・・なんと!イナーシャブロックがグラグラ。
このへんは全く触ってないようですから、緩んだ・・・のでしょうね。ここまで緩むものなのか??流石にこの緩み具合は初めてです。
このイナーシャブロックを見ても、マウントビスを見ても、私としてはトレモロごと交換したくてしょうがないところですが、今後の使用者である娘さんがこのギターのサウンドに不満が出るまではオーバースペックとなってしまうので、ここはグッとこらえて我慢!勿論トレモロも全バラして清掃します。

フェンダージャパンアッセンブリ

ピックガードを外しました。ノイズ処理は一切無し。配線材もちぎれかけ。ボリュームポットは一度交換されたようです。
ノイズ処理と合わせて電装アッセンはピックアップ以外全取っ替えします。

フェンダージャパンボディー何にも無くなったボディー。
うーん、この広大なピックアップキャビティーは埋めたい!ところですが、ここはぐっと我慢!

で、フレットを抜きます。が・・・やっぱりでした。指板が乾燥しすぎてチップが出る出る。接着剤でしっかり抑えておきます。

指板修正

チップ処理が終わったところで指板のチェックをしたところ、指板Rがボロボロ。
ある箇所では14インチほどあるかと思えば別の箇所では10インチ程度・・・別に鉛錘指板とか凝ったようなものではない!しかし、経年で減ったようなわけでもない・・・おそらく製造時からこうだったんでしょう。作れば売れる時代、雑な仕事です。
で、その旨お伝えし、アップチャージも了承していただいたので10インチで指板修正!

画像のように、Rの付いたアルミのサンディングビームを固定し、ネックを動かすのが私のやり方。
別にこの方法が正解ということではなく、私はこの方法が一番早くストレートで正確な指板を作れるというだけです。勿論セットネックやスルーネックの場合は短いサンディングブロックを使い、サンディングブロックを動かして指板を作ります。
このアルミのビームは1本1万円以上しますので、仕事で使う人向けですね。

指板修正指板修正完了!
この指板はハカランダだよと言われれば信じる人も多いであろう、良い色合いのインドローズです。まだこの頃はソノケリンを使ってなかったんですね。良い指板材です。

リフレット指板を磨いて「さあフレット打つぞ!」の図。
私はハンマーを二本使い分けます。プラハンマーはドンキホーテで買った安物ですが、打面部の硬さが丁度良い感じで気に入っています。最初にフレットを溝に入れる時に使います。
そしてもう一本はハンズで買ったちょっとお高い銅製ハンマー。これは素晴らしいですね。打面が広く重量もしっかりあり、銅製なのでフレットに傷が付き難い。打ち込みにこちらを使います。
特に使い分ける必要性というものはありません。私が使い分けているのは単純に精神衛生上の理由です。
溝に入れる時にたまにフレットが跳ねたりするので、そういう時にうっかり指板に当たってしまっても傷がつかないようにということです。

フレットエッヂ角度出しフレットを打ち終えたらフレットエッヂの面取りです。
ここで使うヤスリも沢山試した結果、ステンレスフレットもサクサク削れて仕上がりも滑らかなものに。
仕事で使う道具はとにかくストレスが少ないものを選ぶべきです。

フレットエッヂ面取り私はすり合わせを行う前にフレットエッヂの処理を行います。このように一本一本ヤスリで丸めていきます。
これも地味で手間のかかる作業です。
この作業が済んだら指板にマスキングを行います。

フレットすり合わせ私はすり合わせの時もサンディングビームを固定してネックを動かします。
このビームは勿論Rは付いていません。アルミのロの字材を購入し、工業用フライス盤で平面を出してもらった特別製です。
すり合わせ以外にも色んな所で活躍する無くてはならない道具です。

フレット山出しすり合わせが終わったら削れたフレット面の山を付け直します。
専用ダイヤモンドヤスリを導入してから作業時間が大幅に短縮出来ました。

フレット磨ききっちり山を付けたらフレットを磨きます。紙やすりの後はコンパウンド。

フレット磨き磨き終わってピカピカ。

フレット磨き完了マスキングテープを剥がし、オレンジオイルで保湿してネックの作業は一旦終了。

フェンダージャパンボディーさてさて、こいつをどうしようか(笑)。

フェンダージャパンネックポケットあ、ノイズ処理とアッセン組み込みは没頭していて画像を撮り忘れました。
で、解ります?シムのあったところが見事に凹んでおります。大した深さではないので、整面と同時に凹みも取ります。ひどい場合は水で少し濡らし、熱を加えて繊維を膨張させて凹みを緩和させますが、今回はその必要はありません。

フェンダージャパンネックポケット綺麗に整面しました。
シムがあった場所は繊維が押されて屈曲していますから少し跡が残っています。

フェンダージャパンネックジョイント隙間なくぴっちり!

ナット製作ナットを製作。ラウンドボトムにぴったり合わせます。
これにも簡単にボトムにぴったり合ったナットを作る方法というのがありまして・・・まあ簡単なんで考えてみてください(笑)!

ナット溝切りナットの溝切り。
私はマスキングをしません。マスキングする必要はないと思うのだが・・・まあ人それぞれ。

ナット製作溝切り完了。溝の底は半丸で仕上げていますから、しっかり弦が保持されます。

リテーナー加工カモメ型リテーナーも弦の接触部をヤスリで滑らかに仕上げます。

フェンダージャパンストラト弦を張って完成!
とにかく今回は依頼主の娘さんが使うギターということで、とにかく楽しくギターを弾き、楽しくバンド活動をしてもらうために基礎固めに徹しております。
ボディーは価格帯に見合わずアルダーのセンター2Pの良材ですし、弁当箱ザグリを埋めてシングルのキャビティーで掘り直し、スプリングキャビティーもツースロット化してトレモロも変え、ピックアップも交換すればかなり大化けする個体です。が、そういうところは本人が「もっとこうならないかな?」という実感がなければ施工しても意味がありません。ですので今回は弦もエクストラライトゲージを張っています。
とにかく今はギターを弾くことの楽しさ、バンドで演奏することの楽しさをストレスなく感じてもらうことが先決です。

フェンダージャパンシンクロでも、まあこのへんはね(笑)。
どうしてもあのか細いトレモロマウントスクリューが気に入らなかったので、トレモロのマウントホールを拡大し、ステンレス製のマウントビスに交換しました。これはサービスと言うより、私から娘さんへのプレゼントです。一度やめていたのにちゃんとギターに戻ってきた。そして新しいギターではなく親父さんから受け継がれたこのギターを選んだことへの感謝です。
ピックアップカバーも良い色合いのものがありました。
そうそう、今回はピックアップコイル周りにもノイズ処理を施してあります。そこそこ歪ませてもノイズに悩まされることもないでしょう。
とにかくこの時期のバンド活動の場合、メンバーが持ち寄ったコピー曲というのが相場ですから、できるだけこのギターで色んなサウンドに対応できるようにしておく必要があります。
この施工に理解をしてくださった親父さんの娘への愛情です(笑)。

フェンダージャパンスプリングキャビティースプリングとスプリングハンガーは新調。こういうのは半端物で在庫が沢山あるんですよね(笑)。特にツースロットで製作するとハンガーもスプリングもトレモロの付属品は使いませんから。

フェンダージャパンヘッド裏ペグやトレモロも綺麗になり過ぎないように磨かず汚れ落としの清掃のみ。
こういうレトロフィールがお気に入りの要因の一つだと思いますので。

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。