矢星製作所 P-90サイズハムバッカー“うぐいす”

ひょんなことから出会った謎のピックアップ!(笑)

うぐいす矢星製作所さんのP-90サイズハムバッカー“うぐいす”。

こういうのはそそられますね(笑)。
ルックスからして既存の音・・・つまりPAFとか、何年仕様のどうとか、そういうものを追いかけるディフォルメピックアップではないことが解ります。
あくまでも製作者の頭の中に響いている音を再現するために既存のピックアップの構造を用いて研究開発しているからこそ独自のアイディアが盛り込まれているわけで、このピックアップはそれが得意なルックスにそのまま現れています。そして、こういうアプローチは私のギター製作と方向性が全く同じ。おそらく私の感性とシンクロするピックアップに違いない!

とにかく気になるものはアプローチしてみるに限りますので、さっそく電話を書け色々伺っていると、サンプルを一つ提供してくださるとの嬉しいご提案!

うぐいす裏裏返してみると・・・嬉しいですね(笑)。

で、このピックアップ、ベースプレートがありません。ボビンと左右のパーツのみ。よく考えてますね、確かにこれならベースプレートは必要ありません。
これは既存のP-90タイプの厚みを維持しながらボビンの高さを目一杯使えるように工夫されているわけですね。そしてフェンダー系シングルコイルと同じようにポールピースがロッドマグネットとなっていることからバーマグネットを配置するスペースも必要としません。
ですので、基本的にはフェンダー系シングルコイルを二つ並べたハムバッカーというスタイルになっています。

ここで気になってくるのが、フェンダー系シングルコイルを二つ並べたハムバッカーというスタイルのピックアップは既に存在していますが、基本的にはコイルをスプリットして(コイルタップ)出力した際に出来るだけシングルコイルらしさを出せるように開発され、言わばスプリット時のシングルコイルらしさのほうに重きを置き、シリーズ出力(ハムバッカー時)は単純にシングルコイルより音を太くするため・・・つまりPAFスタイルのハムバッカーの場合、ハムバッカーとしてのサウンドがメインでコイルタップ時のシングルサウンドはあくまでもシングルコイルピックアップの代替としてのサウンドしか得られないことの逆のことが起きてしまう。そこが同じマウントポジションでシングルサウンドとハムバッカーサウンドの両立は決して得られない所以なのです。
しかし、このピックアップはあくまでもハムバッカーのサウンド(シリーズ出力)として設計されているところがなかなかへそ曲がりで面白いですね(笑)。

しかしこれにはちゃんと理由があって、ハムバッカーサウンドでもしっかりエッヂの立ったサウンドにしたいからこそ、シングルコイルの構造をハムバッカーに取り入れたということだそうです。
ただ、ロッドマグネットに直にコイルを巻くのではなく、ハムバッカーのボビンと同様に樹脂ボビンにポールピースホールがあるので、コイルは樹脂ボビンに巻く構造となっていますので、フェンダー系シングルの高域のチリチリ感は出てきません。なるほどです。

更に、ロッドマグネットはアルニコⅤでターン数は5,550と、ターン数のみ若干多いものの、直流抵抗値は画像にあるように7.1kと控えめ。
これはピックアップに通常使用されるコイルワイヤよりも太いワイヤを使うことで直流抵抗値が低くなっているのです。そしてこれがこのピックアップの最大の特徴・・・つまりサウンドの特徴となっている部分でしょう。

まず、バーマグネットの従来のハムバッカーと比較すると、マグネットポールピースのほうが当然ピックアップ一つでの磁力は大きくなります。
直流抵抗値が低いが磁力が強いので聴覚上のパワー感はしっかり出ますが、抵抗値が高い故のコンプレッション感というものは出ません。
ですので、エッヂを立たせるためにピークはハイミッドに寄っているものの、ディマジオのような支配的な密度感はなく物凄く素直なサウンド特性です。粒は粗めなんだけど、だからと言って纏まりがないわけではなく、ザラつきもせず、雑みもありませんし、特にクリーンでは透明感のある独特のサウンドです。“うぐいす”というネーミングは伊達じゃありませんね!
あえて低域の押し出しは求めず、必要最低限だけ低域を出すように設計されたそうですが、それがかえって低域が歪ませてもブーミーにならず整った印象で、低域の不足感は感じさせません。

うぐいすリアマウントこのピックアップのテストのためにヤフオクで落としたエドワーズの54タイプのレスポールカスタム。
パーツは無くほぼ抜け殻状態でヘッドが折れていました(笑)。
まずはヘッド折れをリペアし、ペグとブリッヂとテイルピースを取り付け、ピックアップをリアにマウントして試奏してみました。
このギター、塗装はポリエステルでそこそこ分厚く本体の鳴りを結構抑制しちゃってます。ですので生音もワーンと響いてどうしたものかというちょっと困ったちゃんなのですが、それでも上記のようなコメントが書けるような素性の良い出力をしてくれるピックアップなのですね。
と言うことは、オーダーメイドレベルの本気仕様のギターに搭載したらどうなるか、考えただけでも鼻血が出そうです(笑)。

うぐいすフロントマウントフロントに取り付けてみました。
フロントでも暴れませんね、全くこもらない。
こういったエステルの硬い塗膜のギターのフロントはどうしてもこもっちゃうもんなんですが・・・うぐいすです(笑)。
特にクリーントーンはフロントで美味しいですね。猪脅しみたい・・・と言うと大げさではありますが、でもあんな感じです。コンプレッション感が無いからコーンとアタックから素直に減衰していきます。これは他のピックアップではなかなか無いですね。

ただ、このピックアップはあくまでもリア用として開発されたそうで、物理的にこれ以上ターン数を増やせないし、直流抵抗値を1kも下げるとペラペラになってしまう絶妙な設計となっており、フロントとリアのペアで使うには、フロントの巻き数を100ターン程度少なくするしかないとのこと。
しかし、100ターン程度では聴覚上の音量差として大して変化するものではないのですが、音質としてはハイ上がりな特性としてしっかり出てきますので、聴覚上のある程度のバランスは取れるのではないかということでした。つまり、弦の振幅の大きさから来る低域の増大をピックアップの特性として気持ち抑えるということですね。これは上手くいけば新しいバランスのとり方として成立するかもしれません。またそこに持っていくためのアイディアもありますので、次回はちゃんとペアでオーダーして、ちゃんとギターを製作して搭載してみようと思います。

ということで、私はいたく気に入りました。私の製作するギターとの相性も抜群に良いと確信できます。

注)ボビンカラーは黒、クリーム、ピンクの3色から同色パターン、異色パターンで選べます。

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。