スプリングキャビティー

ツースロットスプリングキャビティー&インディビデュアライズドコントロールキャビティー

ツースロットスプリングキャビティー

画像をご覧いただければ一目瞭然、従来のスプリングキャビティーとは木部の残存量が明らかに違います。
ただ、単純に木部を多く残せばそれで良いというわけではなく、ネック-ブリッヂ間の木部をしっかり残すことが重要です。
ギターにおいて弦振動は、ネックのどこか(ナットや押弦しているフレットからネック木部へ)とブリッヂから木部に伝わります。
つまり、ネックジョイント部からブリッヂまでの直線間で両者の振動が融合し、拡散しながら倍音を育てるわけです。また、弦のテンションに対してのボディー部での剛性をボディー全体で補うのか、中心部でしっかり確保するのかでも響きの特性に大きく影響します。
この中心部には表からはピックアップキャビティーが開口されており、そこに従来のように大きなスプリングキャビティーが裏から開けられているということは、ネックジョイント部からブリッヂまで、直線で残っている木部は僅か10mm程度となります。このことが、ストラトキャスターのようなトレモロ搭載モデルとテレキャスターのようなノントレモロモデルのキャラクターの一番大きな相違点となっています。
もちろん、従来のスプリングキャビティーを持ったトレモロ搭載モデルのキャラクターが悪いということではありません。しかし、ノントレモロモデルの特性には決して近づけることは出来ません。また、中心部の木部が少ないことによって質量の大きい金属性トレモロユニット特有の響きの支配率も大きくなり、いわゆるトレモロ臭さも増大します。
これらが総じてストラトキャスタータイプの良い意味での大人しさ、主張しすぎないオールマイティーさの正体であり、何度も言いますがそれは決して悪いことではありません。
しかし、巷にはそういうギターが溢れかえっています。そして何よりも私個人はストラトキャスターを代表とするトレモロモデルの主張の薄さを良く思っておりません。

皆さんの多くは、リードパートを弾くとき等にブースターを用いていませんか?
もちろんそれで望むサウンドが得られているなら問題はありませんが、しかしながらギターの音というのは基本的に「引き算しか出来ない」のです。電気的にも必ず劣化しながら最初のアンプ回路まで流れていくのです。
アンプ回路で電源の力を借りて音量を得、更に加工もしやすくなりますが、「無い音は出ない」のです。つまり「足りない」と感じる帯域はそもそも「足りない」のです。そこをイコライザで引っ張り上げても音が回ってしまったり耳に痛いサウンドになったり、つまり不自然な音にしかなりません。
ですから私の拘りは、ここ一番の主張すべきトーンを予め装備しているギターであり、ここ一番でブーストさせるのではなく、主張を抑えたい場面、引っ込めたい場面では引き算をするという使い方が出来るギターを作るということです。
そして、このようなギターは言い換えればダイナミクスの幅が大きいということでもあり、ピッキングニュアンスやタッチの違いに対する反応の幅が大きいということでもあります。つまり表情豊かに演奏できるギターです。
ですので、弱いタッチで入力(ピッキング)した時にも、弱い音(小さい音)でも素早く立ち上がってくる追随性を得ることが出来るのです。
もちろん、ボディー中心部の木部さえ多く残せば叶うということではなく、独自の設計や設定を施すことによってその効果を引き出すことができるのです。

ツースロットスプリングキャビティーはTop Guitarsの基本仕様ですので、特にご要望がない限りは標準装備となります。

インディヴィデュアライズドコントロールキャビティー

コントロールキャビティーTop Guitarsの拘りが「引き算の出来るギター」であることはツースロットスプリングキャビティーで説明いたしました。
そこで、積極的に引き算ができるシステムとしては、従来通りであればトーンコントロール(ハイカットトーン)があるわけですが、Top Guitarsでは積極的にローカットトーンを搭載しています。
これはチョークコイルを用いた回路を使用していますが、それなりに設置場所が必要となります。また、オンボードプリアンプを搭載したベース等では、回路基盤や電池を搭載するスペースが同様に必要になります。
そして重大なことは、オーダーメイドでギターやベースを製作する際、当然ながらコントロールの配置もプレイヤーの意向に沿った配置となることが多く、それらを一つのコントロールキャビティーに収めるとすると、場合によっては広大なスペースを要することがあります。言い換えればそれは莫大な体積の木部をボディーから奪うということでもあります。しかも、プレイヤーの操作性を重視した配置が大前提すので、この木部の損失は楽器としての音響特性を全く無視したところで行われるということです。
ということで、コントロールの配置の自由度の確保と木部の損失を最小限にするために考案したのがこのインディビデュアライズドコントロールキャビティーです。
電装パーツ一つ一つに専用のキャビティーを設け、それを配線溝で接続しています。

注)画像のギターでは現在使用しているチョークコイルとは別のコイルを用いています。

 

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。