Feel!プロトタイプ

Feel!

Top Guitarsのオリジナルモデルの第二弾がこのFeel!です。

もう、完全に製作者の趣味に走りまくりのギターです。

しかし、単純に見た目の趣味だけのギターではありません!コンセプトとしては

  • 絞れるところは絞りつつ、単純にスリム化するのではなく必要な箇所への肉付けはしっかり行う。
  • ストラトやテレのリアシングルのスラントは本来逆であるべきだ!
  • 過去の日本製ビザールギターのようなボディーラインをデザインに取り入れ、「日本人が作ったギター」というアイデンティティーを表現する。

という物凄い拘りがあるのです!

まず、スリム化ですが、これは即ち「構えたときに大きさを感じさせない」ということであり、実際のところボディーの最大幅はストラトやテレキャスよりも広い設計となっています。
Feel!参考画像平均的日本人男子の体系であると自負する常連さんにモデルとなっていただきました。コンパクトに見えるでしょ?

そして、リアシングルのスラント!
そもそもフェンダーのソリッドギターは登場当時、カントリーミュージシャンに受け入れられ、彼らへのヒアリングを元に完成形となったギターです。
しかし、ストラトでロックを定着させ更に進化の礎となったのはジミ・ヘンドリクスでしょ??彼は右用のストラトを左利きで使用しました。やっぱりあの音でしょ?ストラトでロックと言えばまずはジミヘンだよね?「いや、ロックと言えばジミー・ペイジだ!」と言う人はレスポールを弾いてください(実はあの人のサウンドはレスポールを使っていてもテレキャスのそれなんですが)。
とにかく、リアシングルを逆スラントさせても違和感の無いボディーデザインにしたかったんです!

そして何よりも、完全オリジナルデザインなだけに既存のイメージに引っ張られることなく自由に設定を与えることができます。ビグスビートレモロを搭載してレトロな雰囲気にも合う(はずだ!)!

ということで、私のセンスと波長の合う奇特な方からのオーダーをお待ちしております。
あ、女性にも優しいボディーデザインです!是非!!

Feel!製作事例

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。