デュラルミンベースプレート

オリジナルパーツ

エレクトリックギターというのは、木部とは別に様々なパーツによって構成されています。
しかしながら、こういったパーツと言うのは基本的に大量に生産してこそ今現在のような手頃な価格で導入できるわけです。これは言い換えれば、せっかく木部に特殊な(レアな)木材を使用したり、様々なアイディアを盛り込み個性的なギターを作ったとしても、パーツ類は既存の生産品から選択するしかないということでもあります。
つまり選択肢が少ない・・・
または、ルックスや操作性に優れているのに、サウンド的に納得できない等の葛藤もまた、製作者の悩みの種であります。

そこで、少々高価になっても、オーダーメイドギターに導入するのにギリギリOKが出せる範囲のコストで拘りのオリジナルパーツを用意しています。

デュラルミ製ンシンクロナイズドトレモロ ベースプレート

デュラルミンベースプレートデュラルミンブロックより削り出し加工によって製作したシンクロナイズドトレモロのベースプレートです。
デュラルミンを含めたアルミの音響特性は金属の中でも特定の木材に近く、特にエレクトリックギターのブリッヂには適した素材です。
つまり、鉄やブラスといった素材では、その金属特有の音響特性がある種のフィルターとして作用するため、特に質量が増すトレモロユニットにおいてはその素材の特性がギターのサウンド特性に対して大きなウェイトを占めることになります。
つまり、俗に言われる「トレモロ臭さ」というのはそのトレモロユニットに使われている金属の特性ということでもあり、トレモロ臭さを可能な限り消すためにこのパーツを開発しました。しかしそれ故、ギター木部の本来の鳴りを最大限引き出してしまいますので、バランス取りや設定の詰めがなされていない量産品のギターに搭載することは危険極まりない(言葉は悪いですが、しょぼい響きのギターに搭載してしまうとしょぼさが際立ってしまう)パーツですので、パーツ単体としての販売は行っておりません。

ギター製作者としての思惑として、出来得る限りテレキャスターのような、ソリッドな木部の響きが得られるストラトキャスターを目指すという発想です。

アルミイナーシャブロック

アルミイナーシャブロックシンクロナイズドトレモロ用のアルミ製イナーシャブロックです。
デュラルミンベースプレートと合わせて搭載することが前提ですが、市販の鉄のベースプレートと組み合わせても効果があります。
基本的にはベースプレート同様、トレモロ臭さを軽減することを目指して開発しました。

デュラルミンイナーシャブロック

デュラルミンイナーシャブロックイナーシャブロックはアルミとデュラルミンを用意しています。
基本的には両者ともアルミの特性ですが、ほんの少し特性を変えたい場合にチョイスするのがこのデュラルミン製です。
アルミと比べて若干音が固め(気持ちハイ上がり)となります。

ベースプレートも含め、これらアルミのトレモロパーツはTop Guitarsのオーダーメイドでデフォルトとしているわけではなく、お客様の希望するサウンドに対して選択し組み合わせることを基本としております。つまり鉄だから悪いということでは決してないということです。また逆に、これらのアルミパーツ「だから」良いということでもありません。
しかし、ハイブリッドアッシュボディー/板屋楓ネックのプロトタイプストラトを試奏された方のほとんどは、搭載されているアルミシンクロをそのまま採用したいと希望されます。

注)区別するために書き分けておりますが、デュラルミンもアルミです。

Third Eye用アルミブリッヂ/テイルピース

Third EyeブリッヂTop GuitarsオリジナルモデルのThird Eye用に設計、開発したアルミ製ブリッヂとテイルピースです。
サドルはゴトーウィルキンソンのテレキャスター用3連首振りタイプを使用することにより、全弦のオクターブピッチ調整と弦高調整も可能としています。

テイルピース試作テイルピースの設計にあたっては、まず画像のような全弦独立のテイルピースを試作し、各弦毎のベストな出所を調べた上で一体型にその設定を落とし込みました。

このコンビネーションブリッヂはThird Eye以外のギターにも採用されることがあります。

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。