セミオーダー OPBタイプ5弦ベース完成

OPB5弦チョイ傷アウトレットの在庫ネックを元に、常連さんに「こんなの作りたいんだよね」という話をしたところ・・・私が考えていた基本スペックをそのまま踏襲する形でオーダーしていただくことに。

ネックはメイプルオンメイプルで、ヘッドの形が少々アレ(笑)でしたのでりシェイプ。指板Rも緩すぎましたので、しっかり10インチに指板修正を行い、Top Guitarsオリジナルフレットを打ってあります。
ボディーはホンマホバックにハードメイプルトップで、OPBのボディーシェイプを5弦用に幅を広げてあります。トップは薄く綺麗な虎杢が出ていましたが、オーナー氏の要望でそれをあえて木地着色のブラックで仕上げるという「良く見たら虎杢」仕様に。当初はアクリルクリアのピックガードの予定でしたが、塗装の仕上がりから茶鼈甲のピックガードのほうが似合うよというアドバイスからこのようなルックスに。オーナー氏にも喜んでいただけました。
ピックアップはLaceのアルミトーンシリーズに2Vol/1Tone/1Lo-cut。ブリッジはHip ShotのVintage。
通常のコイルマグネット式のピックアップよりローレンジ方向にワイドでハイファイ感の強いアルミトーンで弦振動を拾うので、軽量でシンプルなブリッジを採用することで過度な金属的な味付けを排除して木部で生成した振動(情報)をより多く弦にフィードバックさせています。つまりハイファイ感の強いピックアップを用いることでハイファイ感を無くすと(笑)。パッシヴに拘り、豊かな情報量を与えることで「引き算が出来るベース」となり、アクティヴよりもシンプルで扱いやすいベースに仕上がっています。

 

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。

ショップオーダーレスポール 完成

懇意にしていただいている同業者の方が生徒さんのオーダーを取り次いで下さいました。

いまのところフルオーダーのレスポールは引き受けていませんので、良いボディーが仕入れられたとき限定のセミオーダーとなります。

セミオーダーLPうーん、やっぱりレスポールは格好良いですね!
本家のように重量調整用の穴も開いてなければ余計に広すぎる配線スリット仕様でもありません。
今回はファクトリーアウトのボディーにピックアップキャビティーのかさ上げをし、ネックを新作して完成させています。
依頼主さんはどちらかと言うと深く歪ませるサウンドを作られるそうなので、ピックアップにはリオグランデのジェニュインテキサスとBBQバッカーのコンビネーションにしました。レスポールらしさとパワフルな歪みサウンドを兼ね備えた仕様です。
ブリッジはブラス削り出しのABR1タイプ、テイルピースはアルミ削り出し。フレットは以前紹介したオリジナルフレットです。

セミオーダーLP私が手がけるレスポールの代名詞的な仕様となりましたヒール形状です。これだけでもハイフレットへのアクセスがずいぶん楽になります。
ネックシェイプは気持ちボートVとして、厚みを持たせつつも手のひらとネックの間に空間を作ることで演奏性の向上を図っています。

丁度納品日がオーナー氏のレッスンの日で、早速弾き倒して頂いたそうです。
納期がだいぶ遅れてしまってご迷惑をおかけしてしまったのですが、大変喜んでいただけたとのご連絡を頂きました。

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。