途中からオーダーになったギター(笑)完成!

シングルカット

もう大変でした。

元はこんな感じ。
シングルカットファクトリーアウトのボディー(おそらく東海)のボディーに在庫していた出来合いのLPタイプのネックを仕込んで遊んでいたのですが、常連さんとの雑談にひょっこり出したところをゲットされてしまいました。
しかもIbanezのトレモロを搭載したいということで、「出来ますよ!」と気安く返事しちゃったもんだからさあ大変!
既にアーチドトップで加工されたボディーに複雑なキャビティーを開口せねばならない羽目に・・・
トレモロを仕入れてみたら何段もザグリを入れなきゃなんないわ、リアピックアップキャビティーにトレモロが接近しすぎるのでスタッドアンカーを打つと木部の強度が足りなくなるのでアルミの補強プレートを作らなきゃなんないわ、裏通しのストリングホールの埋め跡を隠さなきゃなんないわ・・・
もう全部場当たりで何とかしていかなきゃならなくなってしまい、完成が大幅に遅れてしまいました。

シングルカットとにかくこのトレモロ、イナーシャブロックが低い!Sシリーズにも搭載してたよね・・・そりゃそうだ!
こういう時はやっぱりツースロットキャビティーの威力は絶大ですね。

シングルカットLSRのベアリングナットとHIP SHOTのロッキングペグ搭載でノンロックのトレモロにしては驚異的にチューニングが狂いません。

このトレモロ専用のスタッドの加工精度が甘かったり、今後まだ少々手直しが必要ですが、アイディア優先のトレモロユニットを搭載しながらもしっかりと音響面を担保することが出来ました。

シングルカットで、ストリングホールの埋め跡隠しとトップから飛び出たトレモロユニットのギャップを埋めるためにアームレスト的なものを製作しました。
こういう小細工は大好きです。
ピックアップはTV JonesのPower’Tronをセットで搭載。レンジが広く素直で適度に引き締まったサウンド。ハムならではのボケ味が少ないけどキンキンしない。なかなか美味しいピックアップですね。同じようなP90サイズのハムバッカーならディマジオよりもはるかに使い勝手が良いです。

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。