Bossa Jay Graydonモデル レストア

Bossa色々と評判の良いBossaのJay Graydonモデルがレストアで持ち込まれました。

まあ良く出来てます。各部の作りや仕上げも丁寧です。
追加注文であるセレクターの位置変更やアームアップキャビティーの追加、偏磨耗しまくりのフレットをリフレットする以外、「このままでもええんでない?」というギターではあるのですが、バランス良く纏めるが為に逆説的にこじんまりとした響きを何とかならんものか?と。
まあ、良く出来たギターほどレストアするのは精神的に大変なんですね、ビフォーアフターの変化の幅がどうしても小さくなるから、「おや?こんなもの??」なんて言われかねない(笑)。
まあ大変身させるのが目的ではなく、「もう一押し」を押させて頂くと。

Bossaで、バラしていくわけですが、このジョイントブッシュを使っているところなんかやはり良く考えてるなというポイントですね。フランジ面積が大きいので木部に圧力が集中せず痛め難いし、ブッシュ由来のジョイントのズレも起こりません。

Bossaコントロールはしっかりアルミ箔でシールディングしてありますね。しっかり剥がさせて頂きます。

Bossaコントロールはしっかりシールディングしてあるのにピックアップキャビティーは何故に?
必須ということではありませんが、なんかバランスが悪いなぁ・・・

Bossaネックポケットはこのままでも問題ない設定で仕上げてありますね。ただ、目指すところを考えるとほんの少し嵩上げしましょう。

Bossaこれは残念!
カバーを外すとホイールタイプのロッドナットが出てくるのですが、これだとロッドナットの穴の位置如何では棒を突っ込むことが出来ない。ちゃんとロッドナットの左右にクリアランスを設けます。

Bossaはい、兎にも角にもツースロット化です。

Bossa同時にピックアップキャビティーの嵩上げも行います。
今回は硬い材で突っ張るのではなく、ボディーバックと同じマホガニーでいつもより若干きつめに突っ張らせます。
出来るだけこのギターの良さを崩さずポテンシャルを引き上げる選択です。

Bossa指板修正完了。

Bossaフレットも打ち終わり、ロッドナットの左右にもクリアランスを設けました。
45度に一つしか穴が無いので、これくらい余裕を持ってないと満足にロッド調整が行えません。

Bossaフロイドローズのイナーシャブロックを番手を指定してワンオフしてもらっているブラスのビッグブロックに交換。これは弦ごとの音の分離を良くするための選択です。

Bossaということで、いつもの通りなんやかんやと抜けまくってますが完成です。
カッパーベースの導電塗料によるシールディングも行ってあります。
予想通りと言うか狙い通りと言うか、「大化けした!」という感覚は一切ありません。このギターの持っている特性は損なわずそのまま、しかし格段に音が前に出る。構造上どうしても凹んでいた中域も必要ぶんだけ復活しています。

Bossaネック側のジョイント面はだいぶ歪んでいましたのできちんと平面を出し、0.5mm程度嵩上げをしています。
このヒール形状で色々損をしてるんだけどなぁ・・・まあしょうがないですね。

Bossa

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。