FERNANDES FR65M レストア

フェルナンデスのFR65Mのレストアが完成しました。

FR65M販売価格 ¥110,000 ¥92,000 (ソフトケース付き)

フェルナンデスのリボルバー、FR65にはそもそもMが付くモデル、即ちメイプル指板は存在しません。
まあカタログには掲載されていないということですね。ただ、このモデルは確実に存在しました。
おそらくチェーン展開している大規模店等による数ロットのスポット生産品でしょう。

そもそもFR65は当時定価¥65,000のモデルで、ボディーは多ピースのソフトメイプルで塗りつぶし。トレモロにはダブルロックタイプのFRT4が搭載されていました。
しかし、このギターは栓のセンター2Pボディーにタバコバースト。ボディーだけで言えばFR75以上の仕様。なのですが・・・FR55以下に搭載されていたシングルロックタイプのFRT8(つまり廉価版)が搭載されていました。つまりボディー材等の基本スペックを上げつつ、トレモロをワンランク下げてFR65・・・まあメーカーが考える仕様ではないと思います。

FR65Mということでこんな感じでした。もう見た目で惚れてレストア素体として仕入れました。そうそう、ボディーのフィニッシュもグロスではなくマットです。もう年季が入ってますのでだいぶ艶が出ていますが、その辺がまた良い落ち着きの演出に一役買っています。
諸所傷もあり、ギターシンセのピックアップを搭載していたビス穴もあります。ちゃんと使われてきたんですね、流行のレリックなんかとは違い、このギターの歩んできた歴史がよく現れています。

ただ、見るからにネックの仕込が深すぎますね、計測せずとも嵩上げ決定です。

FR65Mピックアップキャビティーも深いですね、埋め甲斐があります。トレモロも在庫のフロイドローズ(新品)に変更しますので、リセスザグリの追加が必要です。

FR65M勿論ツースロット化。トレモロ真横のコントロールキャビティーですので、これも埋めてインディビデュアライズドキャビティー化します。

FR65Mで、ピックアップキャビティーの嵩上げとツースロット化、インディビデュアライズド化をまとめて埋め木します。

FR65Mネックポケットも嵩上げ。
今回はすべての埋め木をボディーと同じ栓を使用。ピックアップキャビディーの埋め木には硬い部分、ツースロットとネックポケット、コントロール部にはボディー材と同等の少し柔らかい部分を選択して使用しています。

FR65Mコントロールもパーツ個別にキャビティーを開口し、ボディーの作業は終わり・・・まだトレモロリセスが残ってますね。
実はこれわざと。一旦仮組みして実際にトレモロがどの程度干渉するかを見て、どの程度落とし込むかを決めます。

FR65Mフロイドローズをバラしてオリジナルのブラスブロックを取り付けます。

で、いつものとおり画像撮り忘れで・・・

FR65M突然完成!
勿論指板修正とオリジナルフレットへの打ち換えを行っています。

今回はピックアップにディマジオのVirturl Vintage Blues×2とAir Zoneという組み合わせ。
S-S-Hって難しいんですよね、どうしたってバランスが悪くなる。そもそもスリーシングルのストラトのリアにハムバッカーを付けたのが始まりなので、バランス云々よりもストラトにハムバッカーを付けたかっただけなんですよ。
で、シングルサイズスタックハムでちょっと元気なVirturl Vintage Bluesをシングルの代わりに搭載し、リアのハムバッカーとのバランスを取っています。
また、栓のボディーはハムバッカーとの相性がすこぶる良い材なんですね。逆にオーソドックスなシングルコイルではキャラクターが中途半端になってしまう。シングルコイルらしさがスポイルしやすい。
ですので、全体的に中域が元気なピックアップで栓の美味しい部分をしっかり拾ってあげると良いのです。
また、Virturl Vintage Bluesのちょっとディフルメされた「らしさ」の部分が丁度良い塩梅でシングルコイルサウンドを栓というフォーマットの上で表現してくれます。

ということで、しっかり素早いレスポンスを獲得しつつ、エレキギターらしい中域の情報量に富み、アンサンブルでもぐいぐい前に出るギターです。
もう見たまんま、このギターで何が弾きたいか?っていうところにズバッと応えるギターです。

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。