やっと

工房内に最後の大物が搬入されました。

フライス盤これでもギター工房です(笑)。
一番奥の赤いのがサンドブラスター、真ん中は旋盤、そして今回無事搬入したのが手前のフライス盤です。
とにかくこのフライス盤、150kgほどあるわけで、助っ人を呼んで搬入し、電動ホイストで釣り上げて設置しました。
しかーし!
中国製のホイスト、交流100V用なのに電源プラグに極性があり、最初はうんともすんとも言わず、テスターでチェックするも問題なし。
一度下ろしてああでもないこうでもないとチェックするもどこもなんともない。これは初期不良でモーターが死んでるのか?と落胆しかけた時、ふいにプラグを逆に刺すと動いた(笑)。
日本で売るなら一行だけでも「極性間違うな!」って説明書入れといてよー!

と、まあすんなり行かなかったが、なんとか一応揃いました。
オリジナルパーツ製作はもちろん、とっくの昔にディスコンになっているパーツの修理や補修なんかも出来るようになるわけです。まずは使い方を覚えなきゃなりませんが。

まだ操作に慣れていないので当面は時間がかかりますが、「こんなの治せないか?」「こんなの作れないか?」といったお問い合わせをお待ちしております!

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。

Ibanez SRT800DX レストア品

Ibanezのスルーネック4弦ベースSRT800DXをレストアしました。SRT800DX販売価格¥86,400(税込/ソフトケース付属)

そもそもこのベース、とても出来が良いのです。ストックのままでも充分使えます。
さすがに人気ブランドだけあって、修理等で多くのギターやベースを触ってきましたが、国産期、韓国生産期、そしてこの現行インドネシア生産を比較すると、総合的に現行インドネシア生産が一番良く出来ています。
国産期が良いと言われていますが、確かに加工精度等は良くても分厚いポリエステル塗装でガチガチの塗膜が全てを台無しにしていました。
が、このインドネシア製、中塗りにポリエステルを使ってはいるようですがそれほど厚みはなく、トップはポリウレタンのようです。全体的に塗膜が薄く仕上がっているのでさほど鳴りを阻害しているわけでもなく好印象です。
また、加工精度や仕上げも驚くほど良いですね。本当によくできています。

ピックアップキャビティーも深すぎず、ほぼ触るところがないのですが、唯一と言って良い問題点は柔らかいフレットです。せっかく完成度が高いのに、アタック時の立ちが今ひとつもっさりしていますので、リフレット、指板修正、ナット交換をメインに作業を進めます。

続きを読む

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。