Gibson CustomShop レスポールスペシャル

Gibson CustomShop レスポールスペシャル

既にきちんと調整されている個体ですので、特に問題があるわけでもありません。
今回はロックペグへの交換とコントロールの組み換えの依頼です。
ただ、良く鳴るしレスポンスもまあまあ及第点ではあるのですが、低域のもさっと感が若干気になります。
ということで、最低限サドルも換えましょうということになりました。

ベイビーグランド

ブリッヂはHip Shotのベイビーグランドに交換されています。
トップ材が貼られたボディーとの相性が悪いことがありますが、プライ無しの特にマホガニーのギターとの相性は良いですね。ただこのデフォルトのサドルでは輪郭がボケてしまいます。

ベイビーグランドサドル交換

ABR1タイプ用のブラスサドルに交換します。

TOMサドル

サドルの高さの違いがこれだけあります。
ワープラウンドタイプのブリッヂの場合、弦のテンションがブリッヂをボディーに押し付けるようには働きませんので、サドルが高過ぎるとサドルが前傾しようとする力が大きくなりすぎてしまいますので、サドルを低くすることで前傾しようとする力を抑えてサドルをブリッヂに押さえつける方向へシフトさせます。

ベイビーグランドサドル交換後全部入れ替えました。
本来はスタッドの位置もオフセットしてもっとサドルを前方に(ネック側に)出したほうが良いですね。
しかしそこは持ち主がもっとどうにかならないかと思わない限りお薦めすべきではありません。今回の作業で低域のもっさり感はだいぶ解消出来ましたので、それを体感してもらったうえで更に突き詰めるかこのままで良いのかの判断をしてもらいましょう。

コントロールキャビティーすでに改修済みの文句のつけようがないキャビティーです。
ジャックのアースが遠回りしている点が気になりますが、今回はマスターボリューム化しますので問題ありません。

コントロールローカット追加フロントボリューム部はダミーとし、リアボリューム部をマスターボリューム、フロントトーン部をマスタートーン、リアトーン部にハイカットを設けました。
黒い塊は四連装のチョークコイルで、外部との絶縁のためにアセテートテープを巻いた物です。

次はペグの交換です。

ペグ取り外しこのペグ自体は問題ありません。クルーソンと書いてありますがゴトー製です。
マウントビスは少し太め&長めのステンレスに交換します。

レスポールヘッドマグナムロックで弦の張り替えが楽ちん!
ただそれだけのためのパーツ変更です。細かいことを言えば、三連ペグよりヘッドの強度が少し下がりますのでヘッドの振動特性が変化します。

ベイビーグランドサドルの溝を切り弦を張りました。

レスポールスペシャル完成です。

欲を言えば前出のスタッドのオフセットと、リフレット。リフレットに伴い指板修正まできっちりやりたいところですが、まだフレットは換え時ではありませんから、その時が来たらどうするかを相談することとしましょう。

 

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。