Bacchus GROOVE LINE-4 ピックアップ交換/ピックガード製作

GROOVELINEバッカスのジャズベースをスリム化しミュージックマンタイプハムバッカーとアクティヴサーキットを搭載したベースです。

オーナー氏は軽量で取り回しやすいところは気に入っているが、アンサンブルに埋もれてしまうのでどうにかしたいということで持ち込まれました。
しかも、このような小振りな設計のベースはアクティヴサーキットに依存して始めて成立しているのですが、アクティヴサーキットは外してパッシブで使いたいとのこと。
なかなか難儀です!

GROOVELINEこれだけボディーが小さけりゃ木部の容積が足りません。

GROOVELINEしかもこれだけ無駄に大きいキャビティーです。

音が前に出るかどうか、それはまずアタックレスポンスの速さと音の然るべき情報量の多さで決まります。
このベースではアタックレスポンスは充分及第点ですが、圧倒的に情報量が少ない。つまり情報量=倍音ですので、これだけ容積の少ないボディーでは充分な倍音が生成できないということです。

そして今回、予算の都合もありキャビティーを埋める等の木部の加工はほぼ出来ないので、マグネットコイルピックアップよりはるかにレンジの広いLaceのアルミトーンを搭載することにしました。
ただ、アルミトーンではミュージックマンタイプのリプレイスメントはラインナップされていないので、プレベタイプのスプリットを選択しました。
しかし予算の都合上、現ピックアップキャビティーを埋める作業は今回は先送りとし、ピックガードを製作してキャビティーを隠す(将来的に埋めたとしても埋め跡が残るのも回避したいという意向でしたので)ことになりました。

GROOVELINEということでデザインを練って型紙を製作し、画像でチェックしてもらいこの形状で行くことに。
因みに1回目はボツになり、2回目でOKを頂きました。
イメージとしてはミュージックマンスティングレイっぽく。ですが、ジャズベースタイプのウェストにひねりが入った形状とコントロールの位置、ボディートップの面積の小ささから、ピックガードの形状をまとめるのは思いの外骨の折れる作業でした。

GROOVELINEネックのパーロイドバインディングに合わせてパーロイドで製作しました。
ブラウンに着色されたオイルフィニッシュの渋い感じからかなり印象が変わりました。コントロールの一つはダミーです。

GROOVELINEオリジナルデザインのボディーやこういったピックガードをデザインする時、ラインの統一感と流れが破綻しないように気を配っています。
4弦側のラインはボディーのヒップラインとバランスさせ、1弦側はヒップラインからコントロールをかわす形状からコントロールの配置ラインからネック方向へ流れるように、そしてネックとブリッジの抉れはウェストのひねり方向と合わせ、スラップのプルで指を入れる場所を確保という感じです。全てのラインに意味を持たせると破綻のないデザインになります。

で、アルミトーンは弦振動を無駄なく拾うピックアップですので、パッシブでもアクティヴサーキットを通したような広いレンジと情報量を電気的な補助なく出力しますから、とりあえずアンサンブルで埋もれることはありません。
ただ、ボディー容積が小さすぎることには変わりませんので、音色という意味ではダイナミクス感や色気的なところはこのサイズのボディーではどうにもなりません。
しかし、メイン機材としてではなく、セッション等にとりあえず持って行く普段使い的な意味では及第点になったのではないかと思います。

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。

FGN(フジゲン)レスポール ピックアップ交換

今回はFGNのP90搭載のレスポールをフルサイズのハムバッカー搭載に変更する作業です。

FGN LP流石フジゲン、製品としての完成度は素晴らしいです。

FGN LPこれをフルサイズハムに変更します。
作業内容も費用もこのピックアップの下がどうなっているかにかかっています。
一応P90サイズのハムはどうか、ビルローレンスのL500はミニハムタイプがあるけどどうかとオーナー氏に提案はしましたが、フルサイズハムのレスポールが欲しくて、改造することを前提に購入されたとのことでした。

FGN LPで、ピックアップを外してみたら・・・フジゲン、芸が細かい!(笑)
本当に必要最低限しかキャビティーを掘っていない。ハイトアジャスト用のクッションすらない(ビリ付き防止用の薄いスポンジが張られてるだけ)。
深すぎれば一旦全埋めしなければならなかったところ、これならだいぶ工程が省略できるので結果安上がりになります。

FGN LPリアなんて配線溝までキャビティーが届かんもんだから穴を開けてます。
こういうところは本家Gibsonも見習って欲しいもんです。

で、この後一切画像がありません(笑)。
とりあえず、エスカッションビスを立てる箇所にドリルで穴を掘り、同径の埋め木をプラグカッターで作って埋め、フルサイズハムのザグリを行いエスカッションマウントで持ち込みのピックアップを取り付けて完了!という流れです(笑)。
つまり、キャビティーが浅かったので丸棒式のプラグを埋めるだけで済んだのです。
これが深いと丸棒が側面に圧着できませんので一旦全体を埋める必要が出てくるわけです。

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。