El Maya ムスタング 大改修

以前レストアしましたEl Mayaのムスタングに、竹ネックを新規に作成し組み込み直しました。

ムスタングレストア時の価格からネックレストア分の費用を差し引き、新規竹ネックの価格を足し、販売価格は¥160,000となります。
もはやレストア品ではなくなってしまいましたが、竹ネックに差し替えたことにより計り知れないポテンシャルを遺憾なく発揮できる強烈なギターに生まれ変わりました。

そもそもショートスケールでボディーも小さく薄いムスタングはどうしてもダイナミクスが得られず、ストラトやテレキャスといったフルサイズ、フルスケールのギターと比較するとどうしても音が前に出難く情報量の少ないあっさりとしたトーンしか得られません。
この前段階であるレストア時では、それを大幅に解消はできていましたが、やはり「そういったものの中ではかなり改善出来た」というレベルが限界でした。だからこそ、フルオーダーではムスタングは受け付けない方針に揺らぎはありませんでした。

その後、竹ネックのギターを完成させ、その驚異的な実力を目の当たりにした時、これは音響的デメリットを持つスタイルのギターに光明をもたらすものでもあり得ると確信し、売れ残っていたこのムスタングに竹ネックを搭載すれば確信が確証に変わるはずだと思い立ったのです。

実際のところこのギターは強烈です。
誤解を恐れず言えば、量産品のギターでは全く太刀打ちができません。ショートスケールのムスタングなのに・・・です。
言い換えればそれだけ竹ネックの音響特性は秀でています。
情報量の多さ、ダイナミクス、鳴りの大きさ、すべてが桁違い。竹ネックであれば、スケールの長短、ボディーマスといった従来の木製ネックでの制約は吹き飛びます。つまりソリッドギターの限界を軽々と打ち破ります。
弦を押さえる左手の指先から発音しているかのようなレスポンスの良さ(これは製作上の構造によるところが大きいですが)、鳴りの大きさと情報量の多さという振動として消費されている部分が異次元レベルであるのに驚異的なロングサスティーン。これらがショートスケールのムスタングであるのに備わっています。
現在、.012〜.54という所謂ヘヴィーゲージを張っていますが、短いスケールに太い弦というサスティーンし難い条件にもかかわらず、嘘のようにリッチで伸びやかなサスティーンです。
それでいてショートスケールですのでフィンガリングも余裕です。製作した本人が言うのもなんですが、これ以上卑怯なギターも無いでしょう(笑)。

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。