Ibanez PF100 レストア完成!

PF100

販売価格¥97,000 ¥91,000(ハードケース付属)

PF100元の状態はこういう感じです。外観的にはブリッジとテイルピース、ナットが換った程度ですね。まだ輸出専用ブランドで「イバニーズ」だった頃のギターですので、国内ではかなりレアな部類に入るギターです。
このままでも結構良い響きを持ったギターだったんですが、オーバードライブをかけると引っ込んでいく感じ。やはり前に出難いサウンド、アンサンブルに消されやすいサウンドなんですね。
で、とにかく分解。

PF100ネックポケットは駄目駄目です。
パッと見でマホガニーだと思っていたネックはメイプルでした。これ、わざとマホガニーらしく見せてるんですね。これについては後述します。
星野楽器の星マーク入りペグ、懐かしいですね。

PF100ゴトー製のペグ。充分使えますので再利用します。
トルク調整部がノブ側でなく基部側に付いています。

PF100ピックガードはレスポールに酷似していますがステーを使わずクッションと木ネジでダイレクトマウントです。

PF100シンライン構造かと思っていたら・・・なんか違うような・・・

PF100斜めに大穴・・・

PF100なるほど!
キャビティーは全て二層構造のボディー材を表裏貫通なわけだ。で、裏は平板、トップはプレス成型ベニアという昔グレコの廉価版LPコピーに良くあったパターン!
ただ、トップとボディー材の隙間を埋める板がちゃんと入っている。これは凄い手間がかかってますね。
ソリッドのトップ材にアーチ加工を施すよりも手間をかけるほうがコストダウンに繋がった時代なわけですよ。ギター工場にCNCマシンなんか無かった時代。
ただ、これではボディーの剛性が全く足りません。ピックアップキャビティーだけ埋め戻してもこの斜めに貫通した空間を何とかせねばボディーに必要な剛性が得られません。じゃあ埋めてやろうではないか(どうやって?)!

PF100こういうことですね。ネックジョイント周辺、ピックアップキャビティー間、ブリッジ周辺げtまでは下駄を挟んで埋めてありますが、ピックアップ横は埋められていません。
ここはもうどうにもなりませんので、特徴的な要素として活かすことにします。

PF100コントロールキャビティーから見ると下駄の様子が良く解ります。
これなら下駄部分だけ鉋でトップに形状を合わせるだけですから、トップ全体にアーチを加工するより楽ですね。でもトップをプレス成型する金型は専用で作ってるはずなんですが・・・(笑)

PF100で、突然各部埋め木もジョイント整形も完了した図です(笑)。
ピックアップキャビティー開口部より内部のほうがはるかに広いので、内部をルーティングして整えることが出来ませんでした。この状態でフロントリア間の斜めの貫通部もきっちり埋まっています。
で、レストアではほとんどの場合ピックアップキャビティーを必要最小限まで埋め戻していますが、このギターのように明らかに木部が足りない場合はその補填という意味合いは大きいのですが、それよりもこの埋め木がボディー内部で適度に突っ張るように調節して埋めることが大事なんです。この突っ張り具合で響き方をコントロールしているわけです。

PF100指板修正とリフレットが完了した図です。このローズの指板材は素晴らしいですね。
フレットはこの時点で残り僅かとなったダンロップの#6105です。

PF100これがメイプルをマホガニーに見せる技です。
おそらく#80くらいの番手だと思いますが、サンドペーパーでわざと傷を付け、黒で着色したフィラーをすり込むことによって、磨き傷がマホガニーの導管のように見えると。
日本の古いギター工場の多くは前身は家具工場だったので、こういうノウハウが活かされていたわけですね。

ということで、しっかり適度な剛性を取り戻したボディーと、しっかり響くように指板修正を施したネックでレスポンスはしっかり速く、帯域にムラがあった鳴りも倍音の密度が桁違いに向上しました。
純正のピックアップも素直で、特に中域の倍音が復活したことによってしっかりとアンサンブルで前に出るトーンを出力してくれています。
また、ピックアップ横の件の隙間が良い塩梅で負け要素となり、まあエスカッションがその部分にマウントされているのでピックアップが振動しやすい方向性で若干甘めのトーンですね、レスポンスは速いのですがサスティンの倍音がいい感じに丸い。フロントでトーンを絞るとちょっと箱物チックなJAZZトーンが得られます。
トータルではクリーントーンやオーバードライブでブルースやロックでもちょっとレイドバックした感じのサウンドにマッチしやすいと思います。

ブリッジはアンカーを廃して埋め木の後、スタッド直埋めのABR1タイプに、テイルピースはゴトーのアルミに変更してあります。

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。