タグ別アーカイブ: アルダー

El Maya ムスタング 大改修

以前レストアしましたEl Mayaのムスタングに、竹ネックを新規に作成し組み込み直しました。

ムスタングレストア時の価格からネックレストア分の費用を差し引き、新規竹ネックの価格を足し、販売価格は¥160,000となります。
もはやレストア品ではなくなってしまいましたが、竹ネックに差し替えたことにより計り知れないポテンシャルを遺憾なく発揮できる強烈なギターに生まれ変わりました。

そもそもショートスケールでボディーも小さく薄いムスタングはどうしてもダイナミクスが得られず、ストラトやテレキャスといったフルサイズ、フルスケールのギターと比較するとどうしても音が前に出難く情報量の少ないあっさりとしたトーンしか得られません。
この前段階であるレストア時では、それを大幅に解消はできていましたが、やはり「そういったものの中ではかなり改善出来た」というレベルが限界でした。だからこそ、フルオーダーではムスタングは受け付けない方針に揺らぎはありませんでした。

その後、竹ネックのギターを完成させ、その驚異的な実力を目の当たりにした時、これは音響的デメリットを持つスタイルのギターに光明をもたらすものでもあり得ると確信し、売れ残っていたこのムスタングに竹ネックを搭載すれば確信が確証に変わるはずだと思い立ったのです。

実際のところこのギターは強烈です。
誤解を恐れず言えば、量産品のギターでは全く太刀打ちができません。ショートスケールのムスタングなのに・・・です。
言い換えればそれだけ竹ネックの音響特性は秀でています。
情報量の多さ、ダイナミクス、鳴りの大きさ、すべてが桁違い。竹ネックであれば、スケールの長短、ボディーマスといった従来の木製ネックでの制約は吹き飛びます。つまりソリッドギターの限界を軽々と打ち破ります。
弦を押さえる左手の指先から発音しているかのようなレスポンスの良さ(これは製作上の構造によるところが大きいですが)、鳴りの大きさと情報量の多さという振動として消費されている部分が異次元レベルであるのに驚異的なロングサスティーン。これらがショートスケールのムスタングであるのに備わっています。
現在、.012〜.54という所謂ヘヴィーゲージを張っていますが、短いスケールに太い弦というサスティーンし難い条件にもかかわらず、嘘のようにリッチで伸びやかなサスティーンです。
それでいてショートスケールですのでフィンガリングも余裕です。製作した本人が言うのもなんですが、これ以上卑怯なギターも無いでしょう(笑)。

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。

ストラトレストアオーダー

さて今回はビフォー画像がありません。
ご依頼は「フルオーダーするまでもなく、ただやっぱり良いストラトは1本欲しい!」というご要望でしたので、持込いただいたボディーを元に1本作り上げてしまいます。
まあ、セミオーダーやコンポーネントの範疇ではありますが、ボディーはいつもの如くレストアしなければなりませんので・・・作業内容は「いつものストラトのレストア」ってことですね。

CARストラトさて、アルダーにキャンディーアップルレッドのストラトボディーです。所謂弁当箱ザグリと言われるキャビティー形状ですね。これを埋めるために内部の塗装を落としたところです。

CARストラト裏はスプリングキャビティーをツースロット化するために接着部の塗装を落とします。

CARストラトキャビティー内の出っ張りも落として(キャビティー内の塗装を落としてから出っ張り削除には理由があります)埋め木を製作。

CARストラト接着!

CARストラト同時にツースロット用の埋め木も接着。

CARストラト埋め木後にキャビティー開口。
さて、ピックアップキャビティーを底上げしたり、こうした広大なキャビティーを埋め戻して開口しなおすには、失った木部の復元という意味も勿論ありますが、もっと重要なのはボディー剛性の調整です。
ボディー上で弦の真下で突っ張っている部分ですから、弦のテンションに対してどの程度剛性を持たせるか。そこがこの作業の肝心肝要なところです。ですので縦方向(ネック~ブリッジ)は若干きつめになるように埋め木を製作してあります。この「きつめの具合」が毎回落とし所によって違うし、より能動的に剛性バランスを変化させる場合はボディー主材とは違う木材を選択したりしています。

CARストラトツースロット化も完了。
こちらはまさに失った木部の復元です。これによりネックからの振動とブリッジからの振動が合成される部分のストレスが格段に減少しますので、中域の情報量の増加と響きの濁り減少に繋がります。
今回はピックアップキャビティーの埋め木にホワイトアッシュ、ツースロットの埋め木にボディーと同じアルダーを選択しています。

CARストラトがっつりとネックポケットのかさ上げが必要でした。こちらにはアメリカンチェリーを用いてハイミッドに少しピークを持たせる事にしました。
ちなみにこの画像から作業台が変わった事に気づきました(笑)?ここから新工房での作業なんですねー。

CARストラトテンプレートを用いてピックガードを作成。

さて、ここから海外赴任で日本での滞在期間が短い依頼主さんからの巻きが入りまして一気に仕上げ・・・つまり画像を撮り忘れたわけですね。

CARストラトはい完成!
今回、ストラトならインギーっぽいのが・・・ということで、ラージヘッドのネックを仕入れるのはコスト的に困難ということもあり、スモールヘッドだとキャンディーアップル!だそうで、こういう完成形になりました。
つまり、ピックアップはYJM(今はHS4)とHS3でロック仕様という前提となり、それに合わせて埋め木のチョイスや剛性調整を行ったわけです。

既にオーナー氏と共に赴任先のパリへ旅立っておりますが、「ストラトってこんなに弾きやすかったのか?音も演奏性も・・・」と驚愕していただけました。
ストラトって線が細いイメージがありますでしょ?だから無意識に力んじゃう。だからストレスなく音がグイグイ出てくれば線の細さを感じず力む必要もなくなるわけです。そして総合的に私が用いる設定では、一般的な同種のギターで弦のゲージをワンサイズ細くしたくらいの感覚で弾けますので、演奏製の面からも力み不要になるのです。
まあ生音で弾いてても気持ち良いですよ!

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。