タグ別アーカイブ: ウェンジ

Third Eyeオーダー品完成

20年近くのお付き合いになる方から念願の(両者とも)オーダーを頂きました。

Third Eyeアフリカンブラックウッド指板のウェンジネック、ハードメイプルトップホンマホバックボディーにシャーラー製フロイドローズ、フロントとリアピックアップにRAILHAMMERのHYPER VINTAGEを、センターシングルにBill Lawrenceのブラックラベルという構成。
また、アームアップ不要とのことでしたので、トレモロのイナーシャブロックにブラスのビッグブロックを搭載しつつ、イナーシャブロック前面をボディーに接触させることで高質量トレモロの金属臭さを低減させています。
ピックアップセレクターは5点レバースイッチをストラトとほぼ同位置に設置し、センターミックス時にオートタップ、ボリュームのみのコントロールは曲間にOFFスイッチ代わりにしか使わないとのことで出来るだけ邪魔にならない位置に配置しました。
ハードロックやメタルを主体にある程度の汎用性を持ったThird Eyeということで、旧知の仲であり私の個人的なギターの趣味や設定が酷似しているオーナー氏からほぼお任せで仕様決定させていただきました。

とにかく図太く、そしてしっかり素早く立ち上がるエッヂ。もう本当に私好みですね(笑)。同様にとても気に入って頂けました。

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。

オーダー ハイブリッドアッシュテレキャスター完成

UPが遅くなりましたが、昨年中に完成し、納品済みのギターです。

ハイブリッドアッシュテレ今回は見た目はオールローズ風ということで、あとはオーソドックスなメイプルネックウェンジ指板のハイブリッドアッシュテレとなっております。

ネックのメイプルは目積みの良いハードメイプルを探したところ、木取りも抜群な1本がたまたまバーズアイということで、オーナー氏に了解を得て採用しました。茶色に染めてだいぶ解り難くはなりましたが・・・
ピックアップはBill LawrenceのMicro Coilで、純粋なシングルコイルでありながら超ローノイズ(両ピックアップとも磁極も巻き方向も同じです)かつ、繊細でワイドレンジ。そもそも驚異的なレンジの広さとダイナミクスを誇るハイブリッドアッシュテレの魅力を余すことなく、そしてテレキャスターらしく出力します。
コントロールはオーナー氏のご希望でマスターボリュームとローカットトーンという仕様になっています。

オーナー氏より感想を賜っておりますので、抜粋にてご紹介いたします。

「サウンドは、まず生音に驚きました。アコギのようなきらびやかさを伴った響きはソリッドでは聴いたことがありません。」

「「鳴る」とか「鳴らない」とか、色々な主張やら感想やらを見てきましたが、個人の感想が基準のようなもので、桁外れに懐具合の余裕がなければ弾き比べなどできないので、話半分に流していましたが、このギターに関しては、誰に対しても間違いなく「鳴る」と言い切れます。」

如何でしょうか?
ソリッドギターでも一番シンプルな部類であるテレキャスターだけに、駄作も簡単に世に出ますし、今までにない感動を味わえるスペシャルな1本にもなり得ます。
勿論、従来の文法に惑わされることなく、徹底的に物理的な構造を追及したからこそ、一般的なソリッドをはるかに凌駕するギターとなり得るのです。
「テレキャスターは守備範囲が狭い」と思っておられるギタリストの方、それはとんだ思い違いですよ!(笑)

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。