タグ別アーカイブ: ベース

セミオーダー OPBタイプ5弦ベース完成

OPB5弦チョイ傷アウトレットの在庫ネックを元に、常連さんに「こんなの作りたいんだよね」という話をしたところ・・・私が考えていた基本スペックをそのまま踏襲する形でオーダーしていただくことに。

ネックはメイプルオンメイプルで、ヘッドの形が少々アレ(笑)でしたのでりシェイプ。指板Rも緩すぎましたので、しっかり10インチに指板修正を行い、Top Guitarsオリジナルフレットを打ってあります。
ボディーはホンマホバックにハードメイプルトップで、OPBのボディーシェイプを5弦用に幅を広げてあります。トップは薄く綺麗な虎杢が出ていましたが、オーナー氏の要望でそれをあえて木地着色のブラックで仕上げるという「良く見たら虎杢」仕様に。当初はアクリルクリアのピックガードの予定でしたが、塗装の仕上がりから茶鼈甲のピックガードのほうが似合うよというアドバイスからこのようなルックスに。オーナー氏にも喜んでいただけました。
ピックアップはLaceのアルミトーンシリーズに2Vol/1Tone/1Lo-cut。ブリッジはHip ShotのVintage。
通常のコイルマグネット式のピックアップよりローレンジ方向にワイドでハイファイ感の強いアルミトーンで弦振動を拾うので、軽量でシンプルなブリッジを採用することで過度な金属的な味付けを排除して木部で生成した振動(情報)をより多く弦にフィードバックさせています。つまりハイファイ感の強いピックアップを用いることでハイファイ感を無くすと(笑)。パッシヴに拘り、豊かな情報量を与えることで「引き算が出来るベース」となり、アクティヴよりもシンプルで扱いやすいベースに仕上がっています。

 

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。

Bacchus GROOVE LINE-4 ピックアップ交換/ピックガード製作

GROOVELINEバッカスのジャズベースをスリム化しミュージックマンタイプハムバッカーとアクティヴサーキットを搭載したベースです。

オーナー氏は軽量で取り回しやすいところは気に入っているが、アンサンブルに埋もれてしまうのでどうにかしたいということで持ち込まれました。
しかも、このような小振りな設計のベースはアクティヴサーキットに依存して始めて成立しているのですが、アクティヴサーキットは外してパッシブで使いたいとのこと。
なかなか難儀です!

GROOVELINEこれだけボディーが小さけりゃ木部の容積が足りません。

GROOVELINEしかもこれだけ無駄に大きいキャビティーです。

音が前に出るかどうか、それはまずアタックレスポンスの速さと音の然るべき情報量の多さで決まります。
このベースではアタックレスポンスは充分及第点ですが、圧倒的に情報量が少ない。つまり情報量=倍音ですので、これだけ容積の少ないボディーでは充分な倍音が生成できないということです。

そして今回、予算の都合もありキャビティーを埋める等の木部の加工はほぼ出来ないので、マグネットコイルピックアップよりはるかにレンジの広いLaceのアルミトーンを搭載することにしました。
ただ、アルミトーンではミュージックマンタイプのリプレイスメントはラインナップされていないので、プレベタイプのスプリットを選択しました。
しかし予算の都合上、現ピックアップキャビティーを埋める作業は今回は先送りとし、ピックガードを製作してキャビティーを隠す(将来的に埋めたとしても埋め跡が残るのも回避したいという意向でしたので)ことになりました。

GROOVELINEということでデザインを練って型紙を製作し、画像でチェックしてもらいこの形状で行くことに。
因みに1回目はボツになり、2回目でOKを頂きました。
イメージとしてはミュージックマンスティングレイっぽく。ですが、ジャズベースタイプのウェストにひねりが入った形状とコントロールの位置、ボディートップの面積の小ささから、ピックガードの形状をまとめるのは思いの外骨の折れる作業でした。

GROOVELINEネックのパーロイドバインディングに合わせてパーロイドで製作しました。
ブラウンに着色されたオイルフィニッシュの渋い感じからかなり印象が変わりました。コントロールの一つはダミーです。

GROOVELINEオリジナルデザインのボディーやこういったピックガードをデザインする時、ラインの統一感と流れが破綻しないように気を配っています。
4弦側のラインはボディーのヒップラインとバランスさせ、1弦側はヒップラインからコントロールをかわす形状からコントロールの配置ラインからネック方向へ流れるように、そしてネックとブリッジの抉れはウェストのひねり方向と合わせ、スラップのプルで指を入れる場所を確保という感じです。全てのラインに意味を持たせると破綻のないデザインになります。

で、アルミトーンは弦振動を無駄なく拾うピックアップですので、パッシブでもアクティヴサーキットを通したような広いレンジと情報量を電気的な補助なく出力しますから、とりあえずアンサンブルで埋もれることはありません。
ただ、ボディー容積が小さすぎることには変わりませんので、音色という意味ではダイナミクス感や色気的なところはこのサイズのボディーではどうにもなりません。
しかし、メイン機材としてではなく、セッション等にとりあえず持って行く普段使い的な意味では及第点になったのではないかと思います。

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。