タグ別アーカイブ: 板屋楓

普通のストラトに見えますが・・・

楓ストラト実は楓の一枚板から切り出して作られた「楓一本造」のストラトです。
スルーネックではありません。スルーボディー?

楓ストラトこういうこと。ネックとボディーに継ぎ目はありません。

このギター、私が師匠と仰いでいる(実際の師弟関係ではありませんが)方から譲り受けた物です。
決して売り物ではありません。
かと言って何かのサンプルにもなりません。だって同じつくり方なんかしないもの(笑)。
これは完全に「師匠の本気のネタ」です。
流石です。感服します。
作った本人も売る気なんて全く無かったが故に今まで残っていて、私の元にやって来ることになったわけです。

で、実はこのギター、トラスロッドも入っていません。
しかし、「さすがに怖かった」ということでエボニーのチャンネルだけ入れてあるそうです。つまり指板は同じ板から切り出して貼ってあります。

何のサンプルともならず、意外と普通にストラトな音のこのギター、ネタとしてしっかり受け継いでいきます。

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。

ハイブリッドアッシュボディー/板屋楓ネックのオーダー品完成

完成に時間がかかり、オーナー氏にはご迷惑をおかけしましたが、「待った甲斐があった!」と言っていただけるギターに仕上がったと思います。

ハイブリッドアッシュ今回はフリッチマッチのカーリーホワイトアッシュをトップ材に用いました。
ボディー外周のナチュラルバインディングとナチュラルのヘッドに合わせてウッドエスカッションはメイプルトップに、ノブもメイプルで合わせてコーディネートしました。
指板はウェンジで、ヘッドは人気のリーフヘッドです。

ハイブリッドアッシュ画像では解り難いですが、バックはシースルーのブラウンです。
ネックグリップは厚めのボートV、ペグにはシュパゼルのトリムロックを採用しました。

ハイブリッドアッシュレバースイッチの落とし込みはピックガードレス時の定番仕様で落とし込みにしてあります。
これはスイッチ部が一番木部の厚みが薄くなるので、強度不足を解消するためです。
トレモロはオリジナルのデュラルミン削り出しシンクロとRaw Vintageのサドルのコンビネーションです。
3つ目のコントロールも定番のローカットトーンです。

完成したての若い鳴りでもグイグイ前に出る良い響きです。もっと馴染んでくるとどんどんレンジが広くなります。
ピックアップはオーナー氏の希望でSuhrのSSV、ML、SSH+という組み合わせ。まとまりの良い優等生なピックアップですね(笑)。拾ってくるどのレンジにももたつきや濁りが出ないのでこのギターに良くマッチしていると思います。

因みにツースロットスプリングキャビティーとインディヴィデュアライズドコントロールキャニティーはデフォルトでこのギターにも採用されています。

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。