タグ別アーカイブ:

FERNANDES FR65M レストア

フェルナンデスのFR65Mのレストアが完成しました。

FR65M販売価格 ¥110,000 ¥92,000 (ソフトケース付き)

続きを読む

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。

フェルナンデスストラト フルレストア?

今回はレストア・・・と言うよりネックオーダーと言っても良いですね。お客様からのレストアオーダーです。
またもやビフォーの全体画像を撮り忘れております。
ということでどんどん解体が進みます。

FSTネックを外す前から「おや?」という感じでしたが、強烈に深いネックポケットです。ここまで深いのは初めてですね、5mmかさ上げします。

FSTペグはロトマチックからコンバージョンブッシュ使用でクルーソンタイプ(ゴトーMG)に交換されています。ブッシュは指でつまんで取れました(笑)。
が、指板Rが5インチくらい。しかもラウンド貼り指板ですので、指板修正で9インチや10インチにRを付け直すとネックのメイプルだけではなくトラスロッドの埋め木まで顔を出すことになりますので、ネックは交換することになりました。

FST勿論ツースロット化します。

FSTトレモロは刻印無し期のカラハムフルセットのようです。
これはそのまま再利用します。

FSTピックアップキャビティーも強烈に深いですね。しかもデカい。
そして全く意味の無いブラスプレート装備。

FSTということで、深すぎ大きすぎのピックアップキャビティーを一旦全て埋めるために塗装を落としました。

FSTツースロット化に向けスプリングキャビティーの塗装も落とします。

FSTピックアップキャビティーの埋め木をホワイトアッシュから切り出しました。
ボディー材は栓ですが、栓の端材なんてありませんし、ボディーの剛性UPという観点からもホワイトアッシュにしました。ここからフィッティング作業です。

FSTフィッティングが終わったら接着です。

FSTツースロット部も接着。こちらはライトアッシュです。

FST指板を貼っています。

FSTピックアップキャビティーの埋め木後、再度キャビティーを掘りなおしました。
元がどれだけ大きかったか一目瞭然です。

FSTネックポケットの塗装を落とし、かさ上げ用の埋め木を切り出しました。

FSTジャンクネックを使いかさ上げ用埋め木を接着。

FSTかさ上げ完了。それにしても・・・
ふと思い立って東急ハンズに木の葉書で栓があったなーと。ありました。ということでボディーと同じ栓で埋めてあります。

FSTはい!ということでネックを仕上げて(笑)組み込んで完成!

FST裏はこんな感じ!
ネックのグリップは極限まで厚みを残したファットボートVで仕上げてあります。

まあ、ネックを差し替えてますから当然ではありますが、全く別次元のすんごい鳴りのギターに変貌しました。

オーナー氏曰く、「ストラトのシングルってこんなに太かったのか!」と。
まあ、栓という材の特性もありますが、それを差し引いても本来その感想は当然なんですね。
音を太くしたかったらハムバッカーというイメージが強いと思いますが、それはピックアップの構造上低域成分をより拾うという意味での太さなんですね。
しかし、シングルコイルははるかにレンジが広いので、ギター本体をしっかり構築してやればそのレンジの広さぶんしっかりと倍音を拾ってくるのです。
しかし、構造上高域成分を良く拾うのは確かですので、ギター本体の倍音成分が不充分だとシャリシャリした線の細い「高域成分主体(だけ)」のサウンドになってしまうわけです。
つまり裏を返せば、そういうサウンドしか出せないストラト等シングルコイル搭載のギターであれば、それはギター本体がちゃんと鳴っていないということでもあるのです。

つまり、このギターはこの両極端を一気に進化したというわけです。

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。