タグ別アーカイブ: 檳榔子

これは良いものだ!

ということで、前回紹介した竹のネック材に合わせるために檳榔子を仕入れました。

檳榔子一見ウェンジに似ています。が、でも檳榔子とは椰子の木、生物学上では竹同様草に分類されます。

檳榔子木口を見れば解りやすいですね、年輪がありません。
しかし、物凄い目積みです。
今回仕入れたもので一番薄い材で12mm程度なんですが、力を加えても物凄く曲がりにくい。タップすると「ゴキーン」という感じの重く鋭い響きです。これ、ネック材としても使えますね(笑)。
この画像の材は一番幅広で厚みも20mmちょいありますからネックに・・・いやいや、これはベースの指板材用に仕入れたので今回は檳榔子ネックは作りません。しかしいずれ作ってみたいですね。

檳榔子普段広葉樹ばかりを見ていると不思議なもんですね。やっぱり何から何まで樹木とは違います。年輪がないので柾目や板目がありません(見た目としては若干の違いはあり、また木裏木表はあります)。

「間違いなくこれは良い!面白い!」と思った素材に出会ったときのワクワクはたまりません!!

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。

また新たな試みです

昔っからどうにか使えないか思案をし続けてきた材がありまして、この度それがとうとう形になるかもしれません!
その材というのがこちら・・・

bamboo何だか解ります?サイズ的にネック材として使用します。

bamboo綺麗な柾目の・・・ではありません。
これ、竹なんです。
縦積層の集成材。つまり、割った竹を縦に並べて接着した板。だから柾目の木材のように見えるわけです。

昔から日本には竹を使った打楽器・・・というか子供のおもちゃかな?がありまして、それが良い響きなんですよ。小さい頃に割り竹で木琴を作ったことがある人もいらっしゃるのではないかと思います。と言うか、代表的なのはししおどしですね。
間違いなく今までに無い音を作れるはずだとずっと何とかならないかと思案していたんです。

で、ひょんなことで竹材専門店のサイトを見ていると「竹のフローリング材」というのがありまして、「ある程度任意のサイズで加工できる」とあったんです。
早速電話をしてみましたら、縦積層ではやはり「円弧状の竹で厚みを出すのはこれが精一杯」というサイズを教えて頂き、なんとか平ネック(フェンダータイプの平行ヘッド)になら使えそうでしたので、注文しました。

届いた材を早速タップしてみると、今までどんな木材でも聞いたことの無い澄んだ良い音!やはり響き方はししおどしのあの感じ!
竹は強烈な粘り(しなり)がありつつ、一度矯正すればほとんど狂わない(だから竹竿というものが有るわけです)。ネック材としての素質としては抜群!のはずです(笑)。

で、実は竹って生物学上は木ではないんです。草です。
そして私がやってみたいこと、それはこの竹ネックに檳榔子指板!椰子の木ですね。あれも草。草ネックに草指板!

乞うご期待!

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。