タグ別アーカイブ: Microcoil

オーダー ハイブリッドアッシュテレキャスター完成

UPが遅くなりましたが、昨年中に完成し、納品済みのギターです。

ハイブリッドアッシュテレ今回は見た目はオールローズ風ということで、あとはオーソドックスなメイプルネックウェンジ指板のハイブリッドアッシュテレとなっております。

ネックのメイプルは目積みの良いハードメイプルを探したところ、木取りも抜群な1本がたまたまバーズアイということで、オーナー氏に了解を得て採用しました。茶色に染めてだいぶ解り難くはなりましたが・・・
ピックアップはBill LawrenceのMicro Coilで、純粋なシングルコイルでありながら超ローノイズ(両ピックアップとも磁極も巻き方向も同じです)かつ、繊細でワイドレンジ。そもそも驚異的なレンジの広さとダイナミクスを誇るハイブリッドアッシュテレの魅力を余すことなく、そしてテレキャスターらしく出力します。
コントロールはオーナー氏のご希望でマスターボリュームとローカットトーンという仕様になっています。

オーナー氏より感想を賜っておりますので、抜粋にてご紹介いたします。

「サウンドは、まず生音に驚きました。アコギのようなきらびやかさを伴った響きはソリッドでは聴いたことがありません。」

「「鳴る」とか「鳴らない」とか、色々な主張やら感想やらを見てきましたが、個人の感想が基準のようなもので、桁外れに懐具合の余裕がなければ弾き比べなどできないので、話半分に流していましたが、このギターに関しては、誰に対しても間違いなく「鳴る」と言い切れます。」

如何でしょうか?
ソリッドギターでも一番シンプルな部類であるテレキャスターだけに、駄作も簡単に世に出ますし、今までにない感動を味わえるスペシャルな1本にもなり得ます。
勿論、従来の文法に惑わされることなく、徹底的に物理的な構造を追及したからこそ、一般的なソリッドをはるかに凌駕するギターとなり得るのです。
「テレキャスターは守備範囲が狭い」と思っておられるギタリストの方、それはとんだ思い違いですよ!(笑)

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。

レストアストラト第二弾

作業開始前に売約となってしまったレストアストラト二号機です。

レストアストラト2号機今回はストックしていたUSEDのアルダー1P、ラッカー塗装のボディーにローズ指板21Fのネックを装着。
製作前に売約となったため、オーナー氏の希望でピックアップはBill LawrenceのMicrocoilを搭載し、イナーシャブロックはアップチャージでデュラルミンとしています。

ピックアップキャビティー加工ピックアップキャビティーはオーソドックスな配線溝がピックアップキャビティーと同じ深さの一般的なストラトキャスタースタイルでしたので、ツースロットスプリングキャビティーの効果をより確実とするために必要最低限まで配線溝を埋めました。
「たったこれだけのことで変化があるの?」と思われると思います。そのとおり、これだけでは大した変化にはなりません。あくまでもツースロットスプリングキャビティーあってこその加工です。
因みにオーダーメイドで製作する際も、このような必要最小限の深さの配線溝に加工しています。

ツースロットスプリングキャビティー化そしてこのように、アルダーで木部を足し、スプリングキャビティーはツースロット化されています。
見た目はたったこれだけの加工ですが、接着部の塗装を落とす等の下準備が不可欠であり、意外と手間のかかる作業です。

シンクロ改造今回は11.2mmピッチの韓国製シンクロからベースプレートとアームだけを使い、イナーシャブロックはデュラルミンのオリジナルパーツへ、サドルはRaw Vintageへとそれぞれ交換します。

スペシャルシンクロ組み替え完了。
韓国パーツは安価ですので、未だに安かろう悪かろうのイメージが強いと思いますが、製造に使われる工作機械の性能差は無いと言って良いでしょうし、製品自体なんら遜色はありません。ただ、安価なギター用に生産されているチープパーツも沢山製造販売されていますので、その見極めの知識さえあれば問題になりません。
まあ、90年代の日本と同じような感じですね。

レストアストラト2号機アッセンブリレストア機にはインディビデュアライズドコントロールキャビティーは採用しませんので、コントロールの配線の引き回しに気を遣わなくて済むので久々に楽チンでした(笑)。
キャビティーの蓋にあたる部分には銅箔を貼り、継ぎ目はハンダ付けをしてしっかり銅通させています。
黒い塊はローカットトーン用のチョークコイルを4つ直列につないだ物で、絶縁のためアセテートテープを貼ったものです。

レストアストラト2号機今回使用したボディーのネックポケットは珍しく理想的な深さでしたので特にかさ上げ等の加工は行っていません。
ただ、標準仕様としてネックを外さずにロッド調整が可能にするため延長ロッドアジャスターへ交換し、その逃げ部の加工を行っています。
因みにこのロッドアジャスターはステンレス製の特注オリジナルパーツです。

平たく言えば、中古部材やパーツの寄せ集めのコンポーネントではありますが、きっちり「引き算の出来るギター」として完成しています。
正直なところ、数ある量産品の同タイプのギターでも、ここまでしっかりとダイナミクスがつけられ、引き算をしても音がしっかり残るギターはおいそれと見つかるもんではありません。
そして更にその上を行くのがフルオーダーメイドとなるわけです。

 

 

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。