タグ別アーカイブ: OPB

セミオーダー OPBタイプ5弦ベース完成

OPB5弦チョイ傷アウトレットの在庫ネックを元に、常連さんに「こんなの作りたいんだよね」という話をしたところ・・・私が考えていた基本スペックをそのまま踏襲する形でオーダーしていただくことに。

ネックはメイプルオンメイプルで、ヘッドの形が少々アレ(笑)でしたのでりシェイプ。指板Rも緩すぎましたので、しっかり10インチに指板修正を行い、Top Guitarsオリジナルフレットを打ってあります。
ボディーはホンマホバックにハードメイプルトップで、OPBのボディーシェイプを5弦用に幅を広げてあります。トップは薄く綺麗な虎杢が出ていましたが、オーナー氏の要望でそれをあえて木地着色のブラックで仕上げるという「良く見たら虎杢」仕様に。当初はアクリルクリアのピックガードの予定でしたが、塗装の仕上がりから茶鼈甲のピックガードのほうが似合うよというアドバイスからこのようなルックスに。オーナー氏にも喜んでいただけました。
ピックアップはLaceのアルミトーンシリーズに2Vol/1Tone/1Lo-cut。ブリッジはHip ShotのVintage。
通常のコイルマグネット式のピックアップよりローレンジ方向にワイドでハイファイ感の強いアルミトーンで弦振動を拾うので、軽量でシンプルなブリッジを採用することで過度な金属的な味付けを排除して木部で生成した振動(情報)をより多く弦にフィードバックさせています。つまりハイファイ感の強いピックアップを用いることでハイファイ感を無くすと(笑)。パッシヴに拘り、豊かな情報量を与えることで「引き算が出来るベース」となり、アクティヴよりもシンプルで扱いやすいベースに仕上がっています。

 

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。

YAMAHA SB500 訳ありレストア

私の所属する活動ペースが亀なみのバンドのベース君、色々訳ありでずっと借り物のベースを使っている。しかもヘッドに「レジェンド」って書いてある(笑)。
いやね、ギタービルダーが参加しているバンドでそれは許されないのよ(笑)。

ということで、勝手に彼専用機を作っちゃうことにした!!

SB500ジャンクジャンクの拾い物(笑)。
私はYAMAHAのSBが大好物。

SB500ジャンク正体不明のジャズベネックは見事に割れて再起不能。
さてこれをどうするか・・・

バンドリハの時に好みのベースを聞くと、なんと私同様OPBが好きだと。
なら、このへんてこなピックガードもどきが装着されたSB500をOPBふうに仕上げてやろう!と思い立ったのであった。

ネックは未使用ながらグリップ部に強烈な打痕が入ってしまっていて持て余していたジャンクネックを使いピックガードをOPBのデザインを取り入れて新規で製作。
そうこうしてる間に直近にバンドリハが決まり大慌てで作業したので画像はありません(笑)。
で・・・

SB500ジャンクバンドリハの時にヴォーカル君のスマホで撮ってもらいました。
ブラックのボディーに黄鼈甲柄のピックガード、ピックアップはバルトリーニ!なんて贅沢!
ネックは打痕を限界まで回復させた後にシーラーで埋めたので、痕跡は残っていますが表面は平滑に仕上がっています。そしてOPBヘッド!強烈に私の個人的趣味爆裂なベースに仕上がっています。

勿論深すぎるネックポケットはかさ上げしてベストバランス。と言うか、楽器屋巡りで脚を棒にしたってここまでしっかり鳴るベースはまあなかなかお目にかかれるもんじゃありません。
まあルックスは不必要に沢山開けられた旧ピックガードのビス穴が埋めてあるけどタッチアップのみとか、そもそも傷も多い。
しかし!勝手に作ったのだからとりあえずベース君に預けてある。暫く使ってみて気に入れば買い取れば良いし、買い取る場合は催促なしのある時払いの無限分割!しかも格安!

まあ、私が借り物レジェンドPBのモヘモヘしたサウンドに我慢がならん!というだけなんでね、無理にベースを買え!とも言えないし。なら出来るだけローコストで私が一肌脱ぐしかないじゃない?

まあとにかくベース君、「ベースって頑張らなくてもしっかり音が出るんですね!」って大喜び。
後はルックス等々で気に入るかどうか。

PRS レストア開始!!

PRSギターの一ファンとして、今までギター製作やレストアにおいて独自に培ってきたノウハウを惜しみなく継ぎ込み、PRSユーザーが手放すことを考えない、「さあギターを弾こう」と思い立った時にいつも真っ先に手にしているような、いつまでも弾いていたくなるような、そういうギターに仕上げようとPRSのレストアに踏み出すことにしました。